2019年5月5日日曜日

QS6000日本のサーフィンレベルについて

大活躍の大原君と稲葉君
5月1.2日に日本のプロサーファーのレベルはどこまで世界レベルに近づいたのかを確認するために一宮町のQS6000のメンズクラスのラウンド2・3・4と観戦しました。千葉の友人の黒木さんと一緒です。QS6000クラスの大会になると次年度のWCT入りを目指して、元WCT選手や現WCT下位選手、QSの上位ランキング選手なと大変レベルが高い大会です、波も大きな低気圧が過ぎてオフシュアの頭オーバーと選手のバフォーマンスを応援するような素晴らしい波が2日間続きました。




ボトムターンからのリップの角度に注目
トライアルから勝ち上がった選手とシード選手ででラウンド1が行
われて50%はダウンして、ラウント2は一段とレベルが上がったヒ
ートから観戦です。惜しくも村上瞬や大野修聖、加藤嵐などは敗退してしまいましたが大原洋人、新井浩人、稲葉レオ、河谷佐助は通過です。
今回の目的は日本の選手が以前のように歴然の技術的差異があるのかとQSランキングて゛稲葉レオや大原洋人が10以内キープできる実力はあるのかを自分の目で確認する事です。ネツトで見るのと現場で見るのは違います、他の選手の動きや応援体制など確認できます。どのようなラインが高得点になり、ポイントが低いライディングもわかります。何年かぶりにQSを観戦して沢山の勉強になります、シェイプや選手の指導、練習方法などです。アマチュアも同じサーフィンです、収穫がありました。



リッピイング(大原)
ラウンド2は通過するには何が足らないのかをチェックしました、ボトムターンがストレートアップは普通で次の技に移行する時に失速がなく、無駄な動きがある人は技への移行に時間がかかるライデ
ィングは難しい、リップからダッチダウンはスムーズに前足に力を入れて失速がなくスムーズに技か移行できるのラウンド3から必須です。右のシークエンスの写真は大原選手の無駄のない動きで速くリッピィング3回のライディングです。7.5以上の得点です。




板の返す方向は要注意です。
次のライディングはリップの返しをストレートに下げたら速い波に
おいてかれるのでフロント方向に返しています、次の技がスムーズに出来るような返しではないでしょうか。 






                                           
一番のキーポイントてです。

このシークエンスの動きはリップから返して、斜めに下がるのに後ろ足の動きと前足で進む方向に抑えて無駄な動きはありません。                                         






                                          
無駄な動きは無駄な
動きはありません
次のリップに向かうのに下がりながら加速してボトムターンの体制に入るのに無駄な動きはありません。この動きが出来なければQSの上位は狙えないでしょう。









ダイナミックなリッピィング(河谷君)
ラウンド3にはナットヤング、唐沢、元WCTやWCT入りを目指して
各国の若手の有望な選手とハイレベルな戦いです、日本の選は
大原洋人、稲葉レオ、河谷佐助はラウンド3を勝ち上がりました。
志田下海岸のポイントを熟知している位が有利なだけです、その
中でサーフィンの実力は遜色ありません。河谷君の見事なリッピ
ィングは印象的でした。












大活躍の稲葉選手のリッピィング

稲葉レオや大原洋人には田中樹、糟谷修二と現役時代にはプロサーファーとして活躍した人がコーチにつき、自分の海外での戦い方や相手の弱点を教えて冷静な戦略は彼らの活躍に大いに役立っています。外国の試合にも同様に指導する体制を見ると日本もやっと強豪国に近づいているの感じた。ハワイの若手にコーチが帯同しています、コスタリカにも同様です。各国の有望選手にはコーチなどの支援チームが出来ています。
これからWQSの成績次第ではWCT入りの希望がある、大原洋人、稲葉レオには実力は充分に戦える、支援体制も良いとなれば近い将来WCT入りも夢ではない、但し、海外の有望選手も同様で
す。このQS6000で大原君5位、稲葉君は3位になってWOSランキングの上位が望めます。


大原選手応援Tシャツ
一宮町とスポンサーは大原洋人の応援Tシャツを作成しています、地元のサーファーも同様です。地元選手を応援するようになってます、サーフィンが確実に成長しているのがわかります。











2019年4月27日土曜日

大磯海岸でのコーチィング(4月24日)

ボトムターンとリッピィング
(山田恵輔君)
4月24日、大磯海岸で延び延びになっている飯尾ミートが出来ました。波のサイズは腹から胸で弱いサイドオンですが、たまに良い波が来ていました。サーフィンするには影響はありません。参加できたのは山田恵輔君、南君のコーチィングをしました。諸伏君、山田さんは不参加でした。








森川周子さんのバックハンド
  リッピィング
珍しい人が見えました、森川周子です、フリーサーフィンを見るの
はプロを引退してから10年近くは見てません、日頃のトレイニングなどで体幹が強いのでサーフィン基本を把握しているのでレベルはしっかり維持していました。広めのボードをしっかり押さえて乗っていました。









深いボトムターン
今回、大磯海岸の波は春潮なので干満の差が大きいのでカレント
か入るので流れの中なのでブレイクがきつく変化のある波でした、ダンパの波が多く、良い波は少ない状態でしたが確実に良い波を掴んでいました。ブレイクが早いので横の動きが多い中で山田君のストレートアップのリッピィングは見ごたえがあります。








ストレートアップからの返し
山田君とは長い付き合いでサーフインはいつも見ていました、昔はバックハントが得意でしたか今では不得手なものはないでしょう。深いボトムターンから縦のリッピィングはパワーサーフィンの大切さがわかります、これからの目標は変化のあるライン取りの研究と柔軟を取り入れたサーフィンです。トップターンやミドルターンからのアクションでしょう。





南君のバックハントです。 
スープを見れば進歩がわかります。
南君は昨年からサーフィンをチェツクしています、前傾姿勢のフォ
ームで前に進むサーフィンが多かったですが、フォームが整ってきて、ターンの姿勢が良くなりつつあります。スピートが出るようになりましたが膝と腰の回転と屈伸はまだ足りません、次回は後ろ足の蹴り込みとフォーム矯正を予定しています、大切なのは自分の欠点を理解する事から始めて、修正点を指摘すれば必ずよくなります。





178cm49cm6.0m
山田君の使用ボードはブレイクが早いので今日はPUのポケット1です、ボードサイズは長さ178cm×幅49cm×厚さ6.0cmのスカッシュテールです。詳細データはノーズ幅31cm、厚さ36cm、テール幅36.5cm、厚さ4.1cmでノーズロッカーは3.2cm、テールロッカー4.8cmでボトム形状はシングルダブルコンケーブ深めに3mm入っています。山田君はパワーがあるのでレールはランドデッキ気味に落としでレールはミディアムハーフレールでセンター4.2/4.9cmになっています。








2019年4月23日火曜日

ベーグルエアー(WF)の幅広い対応力

ベークルエアーWE
185cm×50cm×6.0cm
マニューバーが出来て、テイクオフが早いデザインはベーグル
エアーが最適です。右の写真は湘南ファンビーOさんのボードです。レディースサーファーで40代のオーダーです。ボードサイズはベーグルエアーWFの185cm×50cm×6.0cmです。








ノーズ幅を37cm 、厚さは3.8cm
サーフィンを良くわかっているOさんにはレディース向きのベーグルエアーでウィングを付けたデザインです。ホームビーチは辻堂、鵠沼になるので比較的に波は柔らかいのでテイクオフが早く、マニューバが描けるホードを想定してシェイプしました。レデイースサーファーの場合はパドリング力か男性より弱い方が多いのでノーズ幅と浮力のバランスか重要です。Oさんにはサーフィンを分かっているのでノーズ幅を37cm 、厚さは3.8cmにしました。



ミディアムローレールでより
クィック可能です。
レールはボードの厚さが6.0cm なので体重に対して少し浮力
を感じる程度なので全体的にボードが沈みやすく浮きやすい
ミディアムローレールで全体的にラウンドデッキにしていま
す、よりクィックなレールワークができます。









シングルコンケーブを長く
やや深めに入れています。
ロッカーについてはノーズロッカーは12cm で普通にしています、テールロッカーは4.1cmでやや抑えてスピードを重視しました。ボトム形状はスピードに関してシングルコンケーブからフィンエリアまではダブルコンケーブでボトムに早く水が流れてターンはフィンエリアからはダブルコンケーブを入れてます。又、テールエリアがやや広いので薄くV eeを入れてボードが傾き易く、ターンが軽く動くようになってます。






ラウンドデッキにして、
傾き易くしています。
バランスですが、ノーズエリアが適度に沈みやすく、浮いてくるようにレールは余分な浮力を落としでいます。又、テールエリアは中央は厚さを保ちレールは落としでいます。これはボードが傾きやすく、ターンがスムーズにできるようにしています。








平行なアウトラインを描くけるので

スピートが出ます
ウィングの効用はセンターからフィンエリアまである程度、平行
なアウトラインを描くけるのでスピートを重視したラインになります。但し、このままテールが広いラインだとターンをする時にはオーバースピードになってしまい、コントロールができません。
テールを沈み事でターンが容易になります。特に柔らかい波に
はウィングがあることで加速感と回転性の双方が確保されます。







長めのボードでターンが難しい方にアドバイスです。

長いボードはパドリングする位置とターンをする場所がずれています。長めのボードはノーズが浮かないようにボードの前方でパドリングをします。体が前にいくのでスタンディングの位置はボードの中央付近に立つてしまいます、そこはボードが走るには良いですがターンをする位置ではありません。
ターンをする位置はボードのフィンエリア付近です。エリアは後方なので、長めのボードの方は少し後ろに下がってターンをしてください。
前でターンするとボード全体が傾きレールが刺さってしまい、ワイプアウトになってしまいます。どんなボードでもフィンエリア付近がターンの後ろ足の位置です、ややノーズが浮く感じになります。

中級になると波のサイズがある場合や落ちるスピードが速い時にスタンスの位置は多少かわります、大きくスピードかある場合はいつもより後ろになります、逆にスモールウェーブでは少し前ぎみです。

 


2019年4月2日火曜日

飯尾ミート2019リアルライン(3月30・31日)

 リラックスしたテン(佐藤君)
久しぶりの飯尾ミートでリアルラインの浅井さんの協力で磐田市豊浜海岸で3月30・31日の2日間で行いました。参加数は20名前後と少数でしたが内容の濃いサーフィンクリニックでした。波のサイズは腰から腹程度でしたが風の初日は南東、二日目は西の強風でした。豊浜海岸はロングボードが多く、参加者の大半はロングボーダーでした。ショートボードは常連の太田君と石黒君で2名で後はロングボードです。
飯尾ミートは飯尾シェイプ愛用者のライディングを見る事で自分のサーフィンの知識をサーフィンの正しい指導とコーチィングをしています、勿論、年齢、レベルなどは関係ありません。広くサーフィンを楽しむ人にレベルアップを計ってサーフインの楽しさにレベルアッ

飯尾ミートの全景です。
プして貰うのと飯尾シェイプのボードがそれぞれの人にマッチしているかの確認もあります。右の写真はコーチィングで参加者のライディングを撮影して、後日、乗り方やラインを本人に説明しています、理解する事で上達に役立ちます。






初日はロングボード、新デザインムーブモデルのチェックです、
PUでも充分に機能を発揮する
ムーブデザイン(浅井さん)
上級者の佐藤さん、伊藤さん、オナーの浅井さん、中級者の服部さん(2日目)とムーブの慣れ具合とデザインのチェツクです。佐藤さん、伊藤さんは軽量のEPSでワイドストリンガーと浅井さんはPUでのムーブ、服部さんには強度のあるEPSでそれぞれ違う材質のムーブデサインの対応力の確認です。
浅井さんのボードはPUでサーフィンを見ると充分に機能を発揮するムーブデザインであることは分かりました。





安定したライディング(森下さん)
又、VDCデザインの森口君も参加いただき、サーフィンを見ると
ノーズライディングの上手さと安定したライディングは安心して
見られます。








前膝が曲がり安定したライディング
杉山さん
シングルフィンでは杉山さんと竹下君(2日目)です。問合せがあった杉山さんを最初にチェックしました。最初は前膝が伸びてスピード不足を感じられました、又、前に移動して加速するのはよいですかターンは厳しいホジションです、曲がる時には後ろに下がりターンをすれば曲がります、前に移動した場合は加速する事です。ロングボードはターンするポジションから前に移動している加速する人が多いですが前膝を曲げるて体重をかける事でも加速はできます。



前膝が曲がりフォームが変わった
石黒君
石黒君は以前から体が硬いので特に膝の使い方などを指導していましたが今回は膝が柔らかくなって波のトップから下がる時にスピードアップと次の技に入ることがスムーズになります。









変化のある波に対応を
覚えてください(太田君)
太田君はレベルはアップしていますか自分の合う波は上手に乗りますが柔らかい波やオンシュアの波など、変化のある波に対応
できるようにターンを覚えればもっとサーフィンの幅が広がります。










前足の屈伸を注意してください。
(服部さん)
服部さんはムーブを乗れているのか不安と期待がありました、本人のボードの感触を聞き、サーフィンをチェツクしました、テイクオフ、ターンと加速と問題なく上手に乗っていました。一段、レベルを上げるには前膝の屈伸が大切です、後ろ足で蹴り込みこみながら前足に重心を移動して加速しリップなどの技を繰り出します、その前足の屈伸か少し足りません、出来ている時もあるので意識すれば大丈夫です。





スタンスの位置に注意してください。
(竹下君)
竹下さん、昨年の秋の飯尾ミートでチェツクしました、その時はテイクオフとターンの指導しました、今回で2回目でテイクオフはOK
ですがターンに課題があります、テイクオフから横に走り、加速するために前に少し移動して加速するとスピードが出ます、そのスタンスの位置では困難です、大事な事はターンをする場所は後ろ足はフィンエリア付近にさがってからターンをすることが重要です、加速していればそのスピードを生かすには後ろに下がりテールが沈みながら方向が曲がる事を理解してください、前の方でターンするとレール全体が傾き、レールが入り過ぎたり、テールの広い範囲に力がかかり、スピードが上回り、ワイブアウトしてしまいます。前方に移動したスタンスは横に走る場所でターンする場所はフィンエ
リア付近です。

ロングボードコンテストで選手はサーフィンの演技してジャッジが採点する競技です、マニューバーとノーズライディンクで採点されますがロングボードでは華麗に乗るのも重要な要素になります。
細切れのライディングや余裕のないライディングは芳しくありません。

綺麗なハングファイブ(伊藤君)
伊藤君のライディングをチェックするとマニューバーやノーズライディングなどは問題がありませんが技と技を繋ぎに余裕がなく見え時があります。この余裕は次の技の移行をスムーズにすることになります。伊藤君は為を作ることが大切で次の技の移動をスムーズにするものです。ローラコスターやカットバックなど、目を見張るものがありますか技の繋ぎかスムーズならばもっと良いでしょう。例えばボトムターンからのノーズライディングやマニューバーにするにも「ターンの為」、「深いターン」とかは一定の時間を作り(レールの節水面積を増やす為)はリラックスすることにもなり、余裕に見えるときもあります。

フロントサイドのテン(佐藤君)
佐藤君ですがぎっくり腰になって、治ってばかりで練習不足は初日は見られましたが、2日目は体も徐々に回復しているのか特徴ある低い姿勢からボトムターンも見られ順調に回復しています。ノーズライディングに関しては、ムーブモデルの良い所を引き出しています。ノーズライディングではスタンスが狭く、余裕のあるライディングでハングファイブからテンへの移行もスムーズを見えます。レベル的には一段階進んだようです。



サーフィンを上達するには自分の欠点を探して、改善する方法を見つけてる事が上達の一歩です、飯尾ミートではそれぞれのレベルに合わせて改善方法を提示して、試してもらうことです。信念として同じ人間なら必ずできると思い工夫することでしょう。コーチは大切です、自分のサーフィンの欠点を説明して、理解してもらい、選手みずから試して工夫することが自分の技術になります。偶然にできる技は再現は不可能です、即ち、理論的に説明できない事だからです。
自分で工夫した技は理論的に説明できるようになります。
お詫びですが、参加者全員を照会できませんでした、次回に対応します。

2019年3月28日木曜日

順調なスタート中山君(ムーブモデル)

リッピィングからのタッチダウン(中山君)
ロングボードメンクラスで現在、ランキングトップ
にいます、昨年の10月頃から強度を加味した新
しいムーブモデルをシェイプしました、ボード性能を確認する為に初冬の生見海岸でシークエンス写真を撮りました。再度、ムーブモデルの利点、欠点を探すために見直していました。
ムーブモデルのマニューバー性能の高さがわかる写真を見つけました。このショットはシェイパーから見れば、テールロッカーの強さとアウトラインのナローテールによる影響が多いでしょう。


                                      

クッドポジションのボトムターン
昨年、生見海岸でムーブモデルの性能チェック時のシークエンスです、ムーブモデルのマニューバー性能の高さがわかるシーンです、勿論、中山君のレベルの高さありますが、ムーブの性能の高さがわかれます、リップに向かうスピードと角度、安定したダッチダウンに動作にムーブモデルのマニューバー性能の良さがわかります。右の写真はテイクオフからドロップでナローフールなので少しテールを踏み込めばノーズか浮いてくるので際どいセッションで容易にターンが出来ます。



申し分ない角度のターン
強く踏み込むとテールロッカーが強いのでボトムターンからリップに向かって、角度が付き、その加速感はムーブならのものではないでしょう。








リップに向かう中山君
ムーブモデルはテールロッカーが特に強くしていますのでボトムの節水面積を増やす事でターンをすると角度とスピードが付き、マニューバ性能が高いのがわかります、又、心配していたノーズ幅が広いので刺さり易くのではないか、ノーズが浮き上がり失速しないのかはありませんでした。

 




リッピイングの手前です。
リツプに向かってノーズ登って行くのはボトムのスピードがあるからです。このセッションは浅くブレイクがきつめのところでアクションです、中山君の技量の高さがわかります。










際どいセッションでのリッピイング
波のブレイクがノーズに当たり、コンケーブの効用で浮くのもありますがノーズの厚さか薄くなることで軽く動く効用もあります。このショットの次のタッチダウンに向かいのに安定しているかも問題です。








リッピイングからの見事な
リカバリー
このショットがトップ写真です。リップの後のフロター気味で降りるのはパーリングを防ぎ、波の力に負けないパワー
が必要です。又、ムーブモデルの強いテールロッカーと狭いテールでテールが沈みやすくなっています。          






 

足、腰の強さがわかる、中山君
この一連のシークエンスです。ムーブモデルのマニューバー
性能の高さと中山君の優れた技量がわかります。


 
277cm56cm6.8cm
ムーブモデルはノーズライディングとマニューバー性能については質問で良く聞きました。当初、私はノーズライディンク60%でマニューバーは40%用と説明していました。中山君本人からは「マニューバーが良く、ノーズライディンク60%でマニューバーは60%です。」言われました。このシークエンス写真で良くわかります。
ムーブはワイドノーズとナローテールそしてボトム形状がフルコンケーブシステムと従来のロングボードとは違う新しいモデルです、右の写真で一目瞭然のはアウトラインとテールロッカーの違いです。それにボトム形状がフルコンケーブシステムです、特にノーズコンケーブの長さと深さです。











深いノーズコンケーブと長さ
EPSを勧めますが軽量になりますのでストリンガーの丈夫なものやカボーンテープの使用を勧めます。又、PU・EPSともに対応できます。