2017年8月5日土曜日

正しいコーチの必要性(大田君)

バックハンドりッピィングの太田君
太田君とは長い付き合いで10年近くになります、初めは見た印象
はおとなしく、何処にいるかわからない感じでした、サーフインも同
様の感じでした。話しているとサーフィンの事をよく聞かれるので指導するようになりました。今ではここまでできるようになっています、今年、7月17日の磐田市豊浜海岸でのバックハンドりッピィングのショットです。このショットのスプレーの飛び方はやや不足ですが返しは良いと思います、又、このリッピィングの前のボトムターン
の入り方と体重移動と腰の回転はどのようになっているかが大切です。



腰の回転と顔の向き良いボトムターン
ホトムターンの腰の回転と顔の位置が非常によく、次のリッピィングに入っていく動作に欠点がなく良いショットです、ボトムターンは安定があり、自信がついているのがわかります。








腰回転とボードの向きがあっている
このショットの良い部分はボトムターンからのリッピィングに向か
うホードの向きがと波のブレイクにボトムが当たるようにターンか
らの腰回転、体重移動があっている、又、スタンスの位置、膝の使い方は満点に近い動きです。






カットバックに入る準備は良い
このカットバックに入る準備の体制のよい動きです、ここからラウンドハウスに向かうかレイバックにするかは波のブレイクの状況と回り込めるかの判断で別れます、ブレイク寸前にはレイバックにしてスープに背中が付くようにフラット気味にしてテールから落ちるようにするがラウンドハウスカットバックとしてバックハントのホ゛トムターンの様に顔を回してブレイクに当てるようにするかは波のブレイクに合わせる判断が必要です。




失速気味のターン
このレイバック気味のショットは一見成功の様に見えますが次の
技に移る動作が見えず、スピード感がありません。このブレイクの
状況では顔を回して腰を回して加速してブレイクのホケットに入る方が良いでしょう。



大会の成績は準決勝まで進むようになってきています、何かが足らないのでしょう、自分のサーフィンが出来るようにイメージサーフィンを普段の練習から取り入れるようにして、力を入れるポジションとリラックスする部分を取り入れ、スピードの強弱を取り入れ、ラインの全体的な流れを読むことが大切でしょう。これからは自分のサーフインが出来るようにするに事が大切です、ここまでは上達する努力と同じ位にイメージサーフィンを取り入れ、技の追求とラインの追求です。



175cm×49cm×5.8cm
昨年、6月にシェイブしたホケット1のバンプウィングスカッシュで、大き
なマニューバーのなかにクイックな動きが出来るようにバンプを入れて、
クイックな動きとビックマニューバーができるシェイプデザインです。

                       

2017年7月28日金曜日

正しいコーチの必要性(石黒君)

ボトムターンの石黒君
石黒君はリアルラインファミリーカップの常連でサーフインを見ています、サーフィンに取り組む姿勢、どの波には対応できるサーファーです。石黒君の欠点を探すと体が少し硬く、フォームにリラックスさが足りないの時がありました。前回に指導した点はボトムタ -ンのスピードについて理論的に説明したことを覚えています、いつも言うことは空前にできた技は繰り返すことはできないので頭で理解すれば繰り返すことができるので自分のものになります。空前にできた技は体ではできる事なので資質はあることです。色んな事をトライして試すことが大切です。

スピーディーなローラコスター
7月17日、磐田市豊浜海岸のライディング写真は今までの石黒君に注意していた波のトップの返し方で波に対してボードのボトムに当たるようにすれば返しが速く、次の技に入れると指導していました、このショットは見事にクリアしています。この技の前のボトムターンはトップまでの距離があることで深いターンと後ろ足と前足の重心移動が良く、前膝もよく曲がり、波の力を受け止めているのがよくわかります。リッピィングも同様にできるでしょう。


ボトムターンのタイミングが早い

このショットは改善が必要な部分です。ボトムターンのタイミング
と波のブレイクが合わず、リッピィングなのかカットバックにするか
分からないところです、これはブレイクに対してボトムターンのタイミングが早く、波のブレイクの前にトップ行ってしまったのでしょう、本来ならカットバックをして波の下に下がり、次のリッピインクに移行するのが良いでしょう、修正する部分になります。




全体的には前膝の使い方が良くなり、ライティングの姿勢が下がり、以前よりは全体的にスピートはでているのではないでしょか、後はサーフインをする前にイメージトレイニングが大切で一本の波を見てブレインに合わせて技をする練習と力を入れ部分とリラックスする部分を設け、全体の流れ考えてください。


ポケットSモデル
石黒君のボードはドライブターンに適しているポケットSモデルでシェイプ
しました。詳細データは長さ174cm、幅48cm、厚さ5.6cmでノーズ幅31cm、
厚さ3.4cmでテール幅36cm、厚さ3.8cm、ノーズロッカー12.6cm、テールロッカー4.5cmです。コンケーブは深めで実際のロッカーは数値より強めです。

2017年7月20日木曜日

正しいコーチの必要性(小林君)

昨年10月頃の小林君
昨年10月、磐田市豊浜海岸にリアルラインチームをコーチに行きました、各自のサーフィンを把握して、次回のシェイブの改善するポイントを見つける事とサーフィンの各自の欠点を見つけて指導しました。今回は昨年末に小林君、石黒君、太田君の新しいボードをシェイプしました。各自のサーフィンをンは事前チェックしていたのでシェイプにはサーフィンの修正点を含めてつぎのステップに勧めるようにしました。作年の10月にチェツクした小林君は横にす滑れてローラコスターやカットバックなどの技は不確実な状態でした。指導したのはボトムターンの腰の動きと重心移動を指示したことを覚えています。

綺麗なボトムターン
6月6日に突然、小林君からラインでライディング写真が届き、サーフィンをチェックしてください連絡がありました。その時のコーチ内容は「おはようございます。バリですか、いいね、ボトムターンの姿勢はよいが、リッピングの写真がありません、ボトムターンからのスピード使って上に向かってください、波のトップからのカービングなどトライしてください。良い波で満足するのではなく、技の追及が大切です。トップの技の写真を送ってください。」




カットバックの小林君
バリでのライディングでカットバックの写真です。フォーム、膝の曲がり具合は問題なく、スブーレの飛び方でスピードがわかります残念なのはカットバックの位置がパワーゾーンから離れていることです、カットバックに入る時はなるべくフックラインから近いエリアで行うのがコツです、カットバックが出来るようになるとフックラインから離れて戻るのが良いと思うのは間違いで離れ過ぎの失速やフックラインから遠いのでパワーがなく、ワイプアウト原因になります。なるべく浅いボトムターンから波のトップから下に下がるように行ってください。





小林君のバックハンドターン
7月17日、リアルラインから写真が届きました。小林君のバックハンドターンですが姿勢が高くスピード感を感じません、前膝と後ろ足の膝が内側に入れり、姿勢が低くなっていればもっとよくなります。半年前にとは違います。これからは練習するにあたって、自分は目標を立てて基本に忠実に工夫と努力は小林君の能力です、後はライン取りで力の入れ方、リラックスすることで強弱を取り入ればもっとよくなります。
次回は石黒くん、大田君はコメントする予定です。




2017年6月28日水曜日

期待される中山智資さん

 表彰式て゛インタビューを受ける中山さん
6月3日4日、東洋町いくみ海岸で2017東洋町杯が開催され、中山智資さんがロングボードクラスで優勝しました、現在、ロングボードメンクラスランキング5位で今年は良い位置にいます。中山君は四国の雄として全国的に知れ渡っている選手で大い期待しています。今回のボードは新たにノーズ幅を少し広げてノーズライディングを安定させて、テールロッカーをアップして、ボードの軽さとEPSの反発力を利用して、彼のトリッキーなサーフィンと深いボトムターンからの基本ラインをミックスしたサーフィンが向上した、新しいクイッカーモデルを
シェイプしました。

見事なハングテン
安定したノーズライディンクが長くできるようにノーズロッカーを穏やかなカーブとスピードロスが生じないようにノーズ先をアップしています。









バックハンドリッピィング
ボトムターンからのストレートアップができるようにホードの軽さと
EPSの反発力を利用して、テールロッカーをアップした新しいクイッカーモデルです。








277cm×54.5cm×6.5cm
キリフレックスのEPS
中山智資さんのボード素材は、EPSキリフレックスでシェイプしました。中山君のトリッキーな動きの特徴を生かす為に軽さを追及して、EPSの反発力を利用して、軽さとボートムターンの重厚さを感じるようにシェイプしました。このEPSは日本製の桐をストリンガーを2本を使い折れる確率は少ないでしょう。このフォームのシェイブ終了時の重量は1.6kgでラミネート、ホットコートやボックス等をセッティングして4k弱で出来上がり、非常に軽いロングボードに仕上がりました。ボードサイズは長さ277cn×幅54.5cm×厚さ6.5cmのキリフレックスのEPSです。ロッカーに関しては緩やかなノーズカーブと急激なカーブのテールロッカーを採用しています。













ややワイドノーズと狭めのテール
ノーズ幅をやや広く、スムーズなラインで安定したノーズライディン
グと深いボトムターンができるように狭めテールラインです。







ハイテールロッカーです
トリッキーな動き、ストレートアップができるようなハイテールロッカーです。キックテールに近いでしょう。     










クイッカーボトム
重要なボトムシェイプで安定性と機敏性を要してボトムの中心部分をフラットに両サイドに強めリバースVEEを入れてるクイッカー
ボトムです。














2017年6月17日土曜日

諸伏くんからの報告

長さ167.5cm、幅48cm、厚さ5.8cm
EPSでスワローテール
久しぶりに諸伏君のボードをシェイプしました。大磯ローカルで若い時からサーフィンを一緒にやってました。諸伏君のサーフィン特徴も良くわかってるので、どのタイプボードが合うのかは良くわかります。新しいボードのボードサイズはEPSて゛長さ167.5cm、幅48cm、厚さ5.8cmのでスワローテールです。オーダ―時には年齢的に随分短いボードで大丈夫かなと思いましたが諸伏君は陸上のアスリートで体力的な問題はクリアーできているので諸伏君のサーフィンに合うデザインを考えました。諸伏君の特徴はテールを中心にボードを動かすタイプでスタンスの移動が少なく安定しています、欠点を探せばサーフィンが小さく見えるのでドライブターンができるように大きいラインができるようにしました。











深いシングルダブルコンケーブ
シェイプでは大きなサーフィンをするのを優先して、彼のサーフィン
を特徴を生かしてボードとして、直線的なスピードを増すためにコ
ンケーブを深く、ポケットSに近い1のシングルダブルコンケーブにして、センターからテールにかけて少しボクシー気味のレールにして回転性を増すようにしました。ロッカーについても乗り方にマッチして、滑り出しの速いボードとしてノーズロッカーを抑えでテールロッカーをやや強くしています。



ボクシー気味のレール
回転性を増すためにセンターからテールにかけて少しボクシー気
味のレールにして回転性を増すようにしました、特にテールコントロールを重視するタイプには薄いレールは波に入り易いが抜けにくいので回転性が遅れてしまい、スピート増すことが難しくなります、ボクシー気味にすることでレールの復元力を強めるで回転性増しています。スタンス幅の広い、前足に重心移動するタイプのサーフィンには不向きかもしれませんが諸伏君には合います。






若い諸伏君
諸伏くんからの報告は「率直な感想は、ファットな波でも滅茶滅茶走ります。自分が感じるスピードより、第三者に『モッくん、何なのその速さっ』ってこの板を乗るようになってよく云われます。格段にかわったのがボトムターンからのオフザリップです  しばらく飯尾さんの板ではない板に乗っていた時、レールtoレールが上手く行けず、ファーストインパクトとなるリッピングが失速した状態な為、リップで無理矢理返す事が殆どでアクションも小さく綺麗な弧を描くスプレーが無く見映えも最悪だったと思います(フロントサイド)この板はボトムターンからの加速する感覚が膝に伝わってきますテールロッカーがオレにジャストフィットしてるようでリッピング時の板の返しがリバース気味になるほど反応抜群です。とにかくレールtoレールがスムーズなので失速せず、フル加速の状態で技に入れます。最近正直、surfingに飽きてきた頃で、『これからどうしようかな〜』なんて考えていた時に飯尾さんのEPSに出会えたので、かき消されたsurfing熱が

再度
復活したのは事実です。とにかくレールが入れやすいので技
パワフルにカットバック

が簡単に感じるほどですし、フロントからリアまでシングル
コンケーEPSノーズロッカー抑えめが一致し、とてつもないスピードを生み出す感じですかねー
いろんな外車に乗りましたが、やはり飯尾さんは俺のsurfingを知っています他の外車のシェイパーは俺のsurfing知りません今回改めて実感しました。マジにモチベーションが上がり、コンテストシーンに復活する勢いで〜す!」



シェイパーとしてうれしい感想です。

ボードサイズは長さ167.5cm、幅48cm、厚さ5.8cmで詳細サイズはノーズ幅32cm厚さ3.5cm、テール幅37.5cm厚さ4.2cm、ノーズロッカー12.3cm、テールロッカー4.5cmで深めのシングルダブルコンケーブ最大深さ3.5cmです、EPSのポケット1です。



                          

2017年6月2日金曜日

頑張っている山田智子さん


ニューボードと山田さん
1月末に山田さんからのオーダーから、ボードサイズ確認の為に連絡しました、山田さんのボード長さが167㎝で短いと思ったからです。本人の希望は「ノーズロッカー付けてください。そうすれば大丈夫です」と言われました。プランデザインとして167cm対してのボード幅、厚さ、バランス、考えてテイクオフが早くターンのやり易いのを条件としてシェイプしました。練習時間も大企業に勤め、週2回しかサーフィンが出来ない、又、年齢的に30代後半で体力的に落ちているので難しいサイズと考てました。ニューボードが出来上がり、本人からは乗れないと連絡あるかもしれないと思いなから連絡をまってました。




バックハンドローラコスター
連絡は予想を反して、「いままで一番調子よいボード」と言われて、二度びっくりしました、ライディングの写真はバックハンドローラコスターであまり見たことない高難度の技です。写真をみていると確実に昨年より上達していました、今年のシニアウィメンのNSAランキングが楽しみです。これは本人の努力とトレイニングとサーフィンへの愛情のたまものです。





次へのアプローチがわかるボトムターン


ボードの詳細サイズは長さ167cm×幅48cm×厚さ5.8cmのラウン
ドテールでノーズ幅32cm、厚さ3.7cmでテール幅36.6cm、厚さ3.9cmです、ノーズロッカーは12.4cm、テールロッカーは4.2cmで
レールはややミディアムローレールです。テイクオフと回転性を
高める為に、シングルダブルコンケーブはでやや深めにして、
のシングルからタブルコンケーブです。回転性が優れているの
はラウンドテールとレール形状(ミティアムローレール)と深いシ
グルダブルコンケーブが合っていることです。そして、一番大切 
フロターを決める山田さん
なのは山田さんのサーフィンの研究と努力です。バックハンドで
ボトムターンからリッピングとフロター気味に降りてくるのはバラ
ンスがよく膝の使い方が重要になり、コントロールされているか
らです。

2017年5月25日木曜日

佐藤友彦さんのサーフイン(リアルライン)

オンシュアでのホトムターン
佐藤友彦さんはリアルラインチームの一員でロングボートのクイッカーモデルを愛用して毎年、確実にレベルアップしているロングボーダです。ライディングは基本に忠実なボトムターンが特徴で深いトライブターンから繰り出す技はスピートがあってダイナミックに
リッピィングやカットバックになります。右の写真はオンシュアの波でも自分の特徴を表現できるのは良い波ではもっと良いターンができるし、色んな波に対応できる事になります。



前足に重心を移動
深いボトムターンをするにはテイクオフからドロップインする時に前足に重心を移動し、なるべくボートのホトムの摂水面積を増やすことはトライブターンが可能になってダイナミックなターンができる事になります。






ダイナミックなリッピィング

深いボトムターンからはダイナミックなリッピィングやカットバックが可能になります。この写真のリッピィングは事前のターンのスピードとリッピイング時、後ろ足の重心のかけ方でノーズの出方と次の技に入るスピードロスがないように前足の重心移動が重要になります。







ハングオーバを決める佐藤さん
ロングボードサーフィンはノーズライディングはコンテストの中では重要なポイントになります、ノーズライディングには多くの技がありチーターファイブ、ハングファイブ、ハングテンが代表例ですかノーズライディングで前足がボードより出ていると得点は高いでしょう。複合技として後ろに向くハングヒールなと高度な技もあります。大切なのはノーズライディングは余裕のあるようにリラックスしたスタイルのほうが得点は高いです。




チータファイブぎみ
構えて乗るノーズライディングや姿勢の低いノーズライディングはジャッジから見ると余裕もなく慎重さが目立ち、技術的に劣っているように見えます。上の写真と下段の写真ではどちらが高い得点がでるかわかるでしょう。右の写真はチータファイブぎみて゜得点が高い場合はチューブを絡む場合は低い姿勢になるので得点は高くなるでしょう。




PUフォーム /EPSキリレックス
飯尾シェイプでは、ロングボードの代表的なデザインとしてクイッカーモデルでEPSの3Dクロス仕様で少し重く安定したデザインです、2017年モデルはマニューバ性能に優れ、安定したノーズライデイングが出来るデザインにマイナーチェンジしています。アウトラインに関してはノーズ幅をやや広げて、テールロッカーをアップしてとVを強くしてマニューバ性能を高めているデザインになっています。PU、EPSとはバランスは違いますがアウトラインは変わりません。2017年モデルのクイッカーはPUフォームの277cm×56cm×6.8cm(手前)、EPSキリレックス277cm×55cm×6.5cm(右側)の2本です。ノーズ幅44cmでテール幅35cmラウンドピンテールです、ロッカーはやや強く、ノーズロッカー11.8cm、テールロッカー11cmから11.5cmです。右側のキリフレックスは出来上がりで4.5kgで軽いボードです。キリフレックスで3Dクロス仕様で軽く丈夫なボードでマニューバ性能を高め、ノーズ幅を少し広め安定したノーズライディングができます。
第52回全日本選手権は磐田市豊浜海岸がメイン会場です出場権を獲得した新しい佐藤君には、いままでのボードとは反対の軽いEPSのボードのパーフォマンスを挑戦して、基本に忠実なサーフィンにトリッキーな要素を取り入れた新しいサーフィンを見てみたいです。