2019年12月13日金曜日

松下歩プロ、スモールウェーブ用ムーブ(MOVE)

スモールウェーフ用277cm56cm6.7cmEPS()
とカットバックの松下歩プロ
今年6月太東ロングボート大会(JPSA)て゛プロ公認を得て、2020年からプロ活動スタートです。
ボードデザインはMOVE(ムーブ)ですが四国の鳥羽さんの提案で作成したデザインですが大きい波用、ミドルウェーブ用、スモールウェーブ用、EPS、PUの材質のテストや3Dクロスなどの使用で強度のテストもしました。波のサイズによる適合するムーブのアウトラインのテストと多種に渡って試しています。

スモールウェーブ用(左)
スタンダード用(右)
松下さんのムーブにはスモールウェーブ用にテイクオフのスピードアップ
とファーストターンの加速の改良に重点を置いてシェイプしました。この改良点はノーズ幅を3cm位狭くして、抵抗を少なくして出だしのスピードアップを図り、テール幅も34cmに幅を広げてファーストターンの加速感を増すようにしました。テールロッカーも1cm前後抑えてスモールウェーブでのテイクオフとの速さとスピードアップを図りました。マイナーチェンジにより、テイクオフが速くなり、ムーブの特徴であるノーズライディングに以前のモデルとは変わらずやり易くなっています。左側の写真を見てください。














シングルフィンとスタピライザーか゛今の主流ですが、双方ともに長所と
 松下プロとニューボード     トトロの森(大岐の浜)
短所があります。シングルフィンタイプは一番の長所はテイクオフが速
いのでマニューバーに不向きなスモールウェーブでき有効なデザイン
です。短所はマニューバーがシンプルなラインは良いがクイックな動き
には不向きでしょう。各種のフィンと波によってマッチするフィンなど多くのテストをしてほしい。波によりフィンの位置やフィンの形などを試していると一番合う物があります、記録にに残していくとスランプの時には大いに役立ちます。








綺麗なノーズライティング
 
スタビライザーはサイトフィンが前方にセットされるのでトップターンや速いターンが出来ますがサイドフィンが斜めにセットされているので直進性には妨げになりますかターンをする時にはサイドフィンによりレールが水に入れば用意にターンができます、シングルフィンのように波のボトムまで下がらなくってもターンができるのでマューバー用には向いています。
シングルフィンで基本に忠実なサーフィンをマスターするのには大変に役立ちます、変化を付けるにはスタビライザーにしてラインを磨く事が良いです。シングルフィンで有利なのはスモールウェーブでマニューバーが描きにくい波には良いです。







ダイナミックなローラコスター
松下さんからの報告です。「今日シングルフィンでニューボ 
ードはじめて乗りました、けっこう軽いので、ノーズ行く
時最初の23本フラフラしましたが、慣れてきました。
テイクオフは前より速く、加速してくれるので、前より

ボトムに下りてくれているのか、あてやすかったのに少
しビックリしました。板とフィンでターンがのびてるん
ですかね面白い板です。」






フルコンケーブシステムムーブ
    EPS
ボードの詳細情報は277cm×56cm×6.7cmでRスカッシュEPS

です。ノーズ幅45.6cm、テール幅34cmでノーズロッカー11.
8cmテールロッカー10cmで最終テールは13cmです。ノーズ幅
を狭めて、テール幅少し広げて安定するようにしました。
ムーブの特徴であるフルコンケーブシステムは同じてす。


















2019年12月7日土曜日

ロンボク島からの報告(一柳海喜さん)

インドネシアのロンボク島に毎年サーフトリップ
ロンボクの一柳さんと良い波用ボード
    183cm×47cm×5.7cm
している一柳海喜さんからの報告です。本人からはファーストライドの連絡と写真が届きました。足のケガでサーフインが出来ない期間を乗り越えてサーフィンを楽しめるようなりました。元気な一柳さんから報告です。
「初おろしのファーストライドです、前より軽くなったぶん、パワーのある波だと、まだ弾かれる感じがあるけれど、慣れて抑える事ができればもっと良くなると思います」



ローカルや子供と談笑の海喜さん


元気な報告の中にローカルや子供と談笑(遊び)で地元と交流して
し、地元の文化、風習を知ることで相互理解が深まり、ロンボクで楽しんでいる海喜さんが目に浮かびます。又、サーフポイントの情報を教えてもらえるのは海外のサーフトリップを安全でサーフインを楽しむことが出来ます、海外のトリップでは地元情報は把握するのは大切です。









リラックスした綺麗なボトムターン
ロンボク島アイルグリーンのポイントでしばらくできなかったサーフィンを取り戻すようにリラックスして楽しむサーフィンがよくわかります。








リツブがカッバックか?
アイルグリーンのライトでリップやカットバックと乗る距離が長く、一つの波で沢山の技が練習できるのは海外のポイントにはかなわない。この右の写真ではリップかカットバックは分からない
良い波は技のローテションが容易にできる。

 


リップからカットバック?
スピートが増してリッピィンクも出来る距離の長い波です。リップ
からカットバックへ楽しいサーフィンがわかる。練習するにリーフブレイクはラインの練習と研究が出来ます。このようなポイントが沢山あるインドネシアは羨ましい。






183cm×47cm×5.7cm
ボードサイズ183cm×47cm×5.7cmでノーズ幅30cm、テール幅35
cmでロッカーはノーズは13cm、テールロッカー4.7cmです。材質
はPU、スカッシュルで、ポケット1モデルです。カラーリングはイントネシアの雰囲気が充分に分かるボードデザインです。


2019年12月4日水曜日

成長著しい大多喜さんのニューボード

大喜多さんとニューボード
(178cm48cm6.0cm)PUポケット1
成長著しい大多喜さんから新しいボードのオーダーが来ました。シェイプする前に前回、前々回のボードデータを確認しました。そして、大喜多さんの前回のボードのライディング動画
を送ってもらい、ライディングを確認して、ライ
ディングの長所、短所をチエックをしました。
大喜多さんに前回ボードのライディングを確
認して、ライディングの方向性を聞き、新しい
ボードの改善点としてシェイプしましました。




大喜多さん大岐の浜2018年11月
以前のボードはベーグルエアーからポケット1に移行するボードなので大喜多さんのレベルに合わせて、2本ボードを作りました。シェイプデザインを変えるにはベーグルエアーをポケット1のデザインをミックス度は最初はベーグルエアーよりにして、テイクオフの速さを大切にしてマニューバのラインを詰めていく事にしました。 ウミヒコ(岩田プロ)には10年近く、11月頃に土佐清水市大岐の浜に行き。日本一綺麗な海岸と素敵な仲間いて、酒を飲みかわして楽しい話やサーフィンを見て、ボードやライディングなどウミヒコチームのチェックしていました。アドバイスをして少しでも良くなればいいなと思ってます。

自分が気が付かない事や多くの方が自分のボード選択に悩んでいることがわかり、真剣にユーサーのレベルに合わせてボードデザインの大切か゛よくわかりました。岩田さんや多くのウミヒコチーム員からわからされた事はたくさんありました。

大喜多さんの印象はまじめでおとなしい性格に感じました。
私がびっくりしたのは年齢的に40歳超すと上達は難しい、そして、体重のある人は体力的に難しいと思っていましたが、見事に覆されてのはウミヒコレディースの皆さんやウミヒコチームに個別に毎年課題を各自に課していましたが見事にクリアーしてるのに驚きました。ウミヒコ岩田君のスクール、コーチィングで課題をクリアーすることでサーフィンのモチベーションが高い事と生徒自身の努力が一番でしょう。本当に毎年、目にウロコです。


細めでシャープなボード
大喜多さんは四国から宮崎に移住してライトブレイクでリーフのハカシタがホームビーチになり、以前のボードでライディングをチェックしてターンの遅さと返しの遅さが気になり、横に走るスピードもいまいちに感じました。サーフィンのレベルは毎年アップしているので新しいボードにはテイクオフの速さを除いてマニューバーを重視したボードをシェイプしました。余分な浮力はカットしてターンのスピートとリップの速さを重点に置いて、ロッカーを強くしました。体重は70kg前後でボードサイズは178cm×48cm×6.0cmのポケット1スカッシュです。レールをやや薄目にししてターン時には程よくレールが水に入り抜けやすいナチュナルレールで加速と回転性を重視

薄めのレールと強めのロッカー
しました。
本人からの新しいボード感想は
「早速乗ってみました。
感想としては、かなり感覚が違います。
まだしっかりメイクできませんでしたが、今までのターンにプラスしてターンが入って行く感じがあります。
レールがしっかり入って板の動きが縦に上がっていく感じがします。
浮力が落ちたので
まだしっかり板に体重が乗せれてないからバランスよく乗れると今までにないスピードで、板が動くと思います。
じっくり乗り込んでいきます」


新しいボードの動画をチェックするとすべての動きが軽く、素早くなっています、心配していたテイクオフが遅い、ワイプアウトが増えると思いましたが、リーフブレイクなのでテイクオフポイントに入ればテイクオフの心配はありません、何故なら、1級ポイントなのに平日は人が少ないので競い合うことが少ないのでクリアー出来るでしょう。ホームビーチをもっている強みです。
反応が速いのでワイプアウトが増えるのは慣れるまでは税金と思って我慢です、但し、原因を突き止めれば問題はクリアーできます。

2019年10月6日日曜日

新しいデザインのテスト(伊藤君リアルライン)


ロングからショートまで伊藤君
伊藤君(32)でロングボードの2019年支部
大会で優秀な選手が多い中で優勝、静岡3
区の代表として全日本選手権に出場しました。ロングボードでは着実に実績を付けて
います。
 
今回のオーダーはショートボードでロングボードのマューバー向上とショートボードの技術向上の要望です。
難しい要望と思いました、ロングボードとショートボードではラインは違います、共通している部分はいろんなターンとアップスンダウンのスピード向上はロングもショートも同じでしょう。この2か所の共通点を課題の
クリアする事を伊藤君のショートボードを
考えました。ボードサイズは175cm×48cm
×5.7cmです、やや短く感じましたがこのホ
ードサイズで二つの課題とショートボード
の縦の動きか出来る事を加えました。

伊藤君の動画は新しいボードの初ライディング
です。動きは少しぎこちないですがスムーズな
動きが見れます。これからのもっと良くなっています。
このデザインが好評ならば2020年のポケツト1の新しいデザインになるのではないか考えていました。

 





 175cm×48cm×5.7cm
PU ウィングスカッシュ
スピートを出すにはプレイニングエリアを広げて、テール
エリアを絞る事でターンが容易になります、広いテールで
はテールがルーズしてしまい、失速やワイプアウトを招き
ますが両方を満足するにはウィングを入れる事で可能にな
りました。 

 
幅の広いノーズラインではテイクオフは早いですが横の動きになって加速はできるが縦の動きは難しい。縦の動きにはノーズラインが綺麗なカーブでセンターの幅とノーズの幅のバランスでノーズ幅33cmまでは可能でしょう。後はロッカーとアウトラインの調整です。研究する部分は沢山あります、コンケーブとVEEの兼ね合い、ウィングの位置、テールの形など沢山ありますが基本のデザインは概ねまとまりました。大会ではリッピィングの角度とトップの返し方でハイポイントが出る事が多いです。加速感と角度があるターンが出来るボードのデザインがトップ選手からの要望でしょう。ボードは短く170cm前後、ある程度の幅47cmから48㎝の範囲でしょう。

 

シングルコンケーブ
ボトム形状のシングルコンケーブは不可欠です、ボトムに速い水の流れを部分と通常の流れと違う流れを作ることにより揚力が発生してテイクオフが速くなります、又、揚力によりボードの動きは軽くなります。テールの広さとテールロッカーの関連ですが幅広いテールにはVEEを入れる事でテールの水の流れを逃がす事でテールからの波をパワー調整してターンが容易に出来ます、狭いテールでは波の力を最大限生かすのでVEEは不要です。大きい波や力のある波では検討の余地はあります。





バックハンドターン後ろ足
を内側に入れるともっと良い。
伊藤君のライディングは以前は強引差が目立っていたがだ
いぶ直ってきました、修正すればもっと良くなります。ライディングスタイルはワイドスタンス気味でパワーでターンする感じです、体の柔軟と屈伸によって動きが止まらずに部分的でも良いのでクローズスタンスを取り入れてラインが流れるに力の強弱をつけるように指導しました。フォームが綺麗になることはムダな動きがなくなり、スピードアップにつながります。
 
 
 


ワイドテールとウィングスカッシュ
少し広めのテールにするのは伊藤君の脚力を生かす為です。強引なターンはテールがルーズするので後ろ足の膝と前足でレールを波にくわせればルーズはなくなり、もっと加速します、力の入れ方を徐々に入れて、抜いくことが重要で、その為にレールは薄く、そして、ボトムらの巻き上げとレールを丸めています。このレールが沈みやすく、抜けやすくなっています。レールの復元力を生かしてスピーディな動きになります。

 

薄めのレールとアップレール
センターからノーズにかけてクリーンなカーブで薄めにレールを削り、センターからウィングまではやや幅を出してスピードアップしてウィンクがテールに掛けて絞る事で縦の動きが可能です。サイドフィンからは薄いVEEを入れて広めのテールにしています。伊藤君の脚力を生かし、テールのルーズするのを抑えながらギリギリのところでターンが出来れば伊藤君の目標に達成できるでしょう。

 

 

 
伊藤君から報告が来ました。
10月3日、豊浜で新しいボード下ろしました。コンディションは潮が多く、タルめな決っしていいコンディションではありませんでした。
その中でも感じたことは、新しいボードはテイクオフが早いので普段取れない波が取れました。また、板が安定しているのでスピードが出ます。
板の切り返しも早いです。
かなり好印象です。
板のサイズ、厚さ共にいい感じです!
次はもう少しいい波でやります。

2019年9月22日日曜日

大磯海岸でニューボードのチェック(諸伏君)

ニューボードとボトムターン(諸伏君)
9月16日大磯海岸で諸伏君のニューボードのチェックをしました。諸伏君とは30年近い長い付き合いなのでライディングの特徴、短所と長所はわかっているので良い部分のスピードを生かす為にボトムコンケーブとロッカーを特に注意しています。






バリバリの現役、諸伏君
諸伏君は今年で52歳ですが若い時代のサーフィンが今のサーフィンを比較してもレベルは大きく変わらず一定のレベルを維持しています。いつも短いボードで今回のニューボード(168cm×48
cm×5.7cm)EPSのソフトウィングスワローテールのポケット1モデルです。






加速しやすく速いレール
諸伏君の特徴を生かすのに薄めのレールとレール部分を少し丸めて切り返しの速くしています。ボードが傾き易く、抜けやすくなっていもす。









切り返しの速いボード
ウィングはスタンディンクエリアの広げるとテールエリアにカーブ
を付ける事でスピードを生かして、ターンに変化と回転性をつけています。又、スワローテールに切り返しは早くなります。








タッチダウンをクリアした(諸伏君)
詳細のボードデータは168cm×48cm×5.7cmでEPSソフトウィングスワローです。ノーズ幅32.5cm、厚さ3.9cmで テール幅37.5cm、厚さ3.8cm で最終テール幅16cmです。ロッカーはノーズ12.5cm、テールロッカー4.4cmです。ボトム形状はシングルタブルコンケーブで深めで最大2.5cmあります。
右のライディング゜写真でノーズのカーブ、テールラインがよく
わかります、そしてパーリングはなく綺麗にタッチダウンをクリア
した事はボートは問題がありません。今回のチェックは短いボードでノーズラインの縦の動きのチェックとスピートのチェックでしたがシェイプで想定した波のサイズは腰から胸を考えてましたが当日は頭から頭半をでボードの限界サイズでした。撮影が終わる時にはクローズアウトになりました。逆に降りる時のスピートとノーズロッカーチェックも出来ました。


2019年8月17日土曜日

理想のムーブデザインの変遷(中山君)

上段が中山さんデザイン
下段はムーブ基本デザイン
 
中山君からの報告で新しいムーブアウトラインを中山君に合わせた極端なアウトラインの変化です。今年の4月頃に中山君からムーブのノーズをもっと広く、テールをもっと狭くして簡単にテン、ファイブなどのノーズライディンクが今より簡単に出来て、ショートボードのようにストレートアップが出来るターンのロングボードデザインでノーズライディングの向上を目指し、そしてマニューバーは縦の動きが出来るボードてす、できれば夢のようなデザインでしょう。そして、出来上がったのが、写真上段のボードです。


リップと返しの素晴らしさ
(中山)
シェイプが終了してからはノーズが広く、ジャンクコンディショでは波を拾って
しまって失速はないか、テールが狭いのでノーズ浮き上がり、失速はないか
と不安はいつも付きまといます。ボードの感触を依頼していましたが連絡があって、内容は私の不安とは裏腹に良い感触の回答が来ました。ライディング写真も送ってくださいと依頼していました。8月10日頃に沢山のライディンク写真が届きました、最初にショートボートと同じようにスにトレートアッフプになるようなライディング写真を随所にあり代表的なのが右側のシークエンスの写真です。3番目から4番目にかけては強いテールロッカーと狭いテールの利点を引き出して、際どい所のボードの返しは目にみはるものがあります。又、テールが細く、テールロッカーが強いのでターンが角度がついて難しいエリアで速いかリターンが出来ています。失速を防ぐにはよりハードなところで波のパワー利用してボートを動かす事が必要なのがわかります、そして、ノーズ幅の広さがマイナスに影響がないのも分かりました。ムーブモデルの性能とそれを引き出す中山君ライディンク技術が優れているでしょう。












中山君からの報告です。「ニューボードは軽量化後、今までも乗ってます!いまやメインボードになってます。
ハングファイブからオーバー
余裕あるライディング
ニューボーデの長所
・ノーズが楽にできます。ハングテンはかなり長い時間乗り続けられ
 ます。またテン状態から、レールコントロール可能に、長いステイが
 可能なりました。
・ノーズ幅が広く、ノーズロッカーあるため、全体の浮力は減りました 
  が、ノーズ寄りにパドル可能で、テイク・オフははやいです!
・テールは細いからなのか?レールが薄いから?なのかテイク・オフ
 からのスピードが出やすいです。また、レールの、切り返しは早く なってます。
右の写真を見るとハングファイブからオバーへの技の移行に関して
余裕があって波のブレイクに合わせて変化していくのがよくわかります。ノーズ幅が広がり、一段と余裕とリラックスがわかります。










余裕のハングテン(中山君)
中山君のニュームーブは以前ムーブよりノーズ幅4cm広げて、テ
ール幅は1cm狭く、ワイドポイント25cm前になっていますのでノー
ズライディングはやり易く、中山君からもファィブ、テンは長くキー
プ出来て余裕のあるライディング出来ると報告がありました。
右の写真でもよくわかります。






角度と高さを感じるリッピィング
(中山君)
テールを狭く、センターからテールロッカーを11.75cmで基本デザインより0.25cm強く、カーブを付けてターンをする時にテール幅が狭いので全体が水に着くように薄くシェイプしました、中山君からは全体がしずむので鋭角的に曲がり際どい所でも返せるのは良い部分でしょう。のリップの高さは凄いです。








右の写真は背中にスープをかぶりながらのバックハンドリッピィ

バックハンドリッピィング
ングも角度とスピード感がわかるライディングです。新しいムーブは利点は多いです、特にマニューバに関してターンの角度、ボードの返し、ホワイトウォーターへのアプローチなど今までにない動きになってます。




中山君からは問題点として「テールエリアが細く、浮力がないから?か分かりませんが、小さななみで、失速させると、リカバリはき来ません。失速してテールエリアに乗らなければならない場合、どうしようもない時があります。この場合は前あしでどうにかリカバリしますが…。」
次回のボードは上記のマイナスの部分の修正になります、中山君の動画やライディングを見て、相談して、厚さと幅の修正と長所の部分を伸ばすように改良します。




2019年8月7日水曜日

アマチュア最後の全日本選手権(松下歩さん)


見事なハングテン、ファイブ松下歩さん
今年6月のJPSA第3戦太東ロングボードプロ
(JPSA)でプロ公認資格を得て、2020年からプ
ロ活動を始める松下歩さんです。今年、東洋町生見海岸で全日本選手権が最後のアマチュアのコンテストになるでしょう。昨年、11月ウミヒコの飯尾ミートで松下さんのボードで来年の乗るボードで一番新しいMove(ムーブ)モデルを勧めて今年2月にから松下さんは新しいボードに乗りました。本人にはボードの特徴、乗り方を伝えました。


広いノーズ深いコンケーブ
新しいMove(ムーブ)モデルは四国の鳥羽さんからの提案でシェ
イプしたデザインで特徴はフルボトムコンケーブとノーズ幅広いアウトラインです。鳥羽さんや、現ロングボードメンランキング1位の中山君、静岡の佐藤君、伊藤君から高評価を得ているシェイプデサインです。





ぎりぎりラインでの見事な
ハングオーバー
松下さんは今年6月のプロトライアルを通過したボードはMove(ム
ーブ)モデルで充分に慣れている7月後半の松下さんのライディン
グ写真をもらい、チェックするとノーズライディングの写真を見る限
り、ノーズライディングが完璧に近いの写真がいくつかありました。
と思いますがボードの慣れはどのくらいなのかと心配していましたがノーズライディングが完璧の写真がいくつかありました。このライディングを見るとかなりボードに慣れてきています、





姿勢を低く、基本に忠実なボトムターン


昨年はクイッカーモデルでロングウィメンのタイトルを取り、今年
は地元に近い、東洋町生見海岸で最後の全日本選手権てす、
プロ選手、連覇とプレシャーが大きくのしかかってきています。シェイパーの私から見ればプレシャーを感じない人はいません、所属支部からの期待や各選手が目標となる以上は必ずプレシャーはあります、プレシャーを程よい緊張感を感じながら冷静にコンテストに挑むことが大切です。






自分はアマチュア選手でハングテンを出来る人、ロングウィメンは
ムーブと松下歩さん
余り見ていません、松下さん写真を見ると波のブレイクギリギリでノーズライディンクをかけるのでスピードアップした数々の写真でムーブデザインに慣れて、ボードデザインの限界を試しているように見える。このボードで太東プロでプロ公認とり、大岐の浜の私が知っている全国のサーフスポットで一番綺麗な海岸で、四国、土佐清水の大岐の浜で伸び伸びサーフィンが出来るポイントを有しているのは強みです。





十数年前にウミヒコの岩田夫妻と知り合い、独身の時に松下さんのさーフィンを見てライダーになってもらいました、あれから月日は経ちましたけど全日本のタイトルは取れると思ってましたが10年たちましたが確実に実力をつけています、これからの活躍を期待しています。。

 

2019年7月16日火曜日

ニューデザインムーブ(Move)の実力について

中山君、松下さん、津田さん(カメラマン)
伊藤君、鳥羽さん、山田さん
昨年6月頃からの鳥羽さんの提案で新しいロングボードデザイン
としてムーブ(Move)を制作して、1年立ちました。昨年の全日本
選手権では台風で試作品は折れてしまい、試合には使えません
でした、強化策として、EPSの軽く丈夫な材質、カーボンテープ、
3Dクロスやハーフインチストリンガーの対用で今年からは折れて
いるボードは現在まではありません。極端に浅い地形や大きな波の場合でも以前よりかは折れる確率は少ないでしょう。今年は各地域の支部大会でムーブ(Move)モデルを使用した選手が支部大会で優勝して、全日本選手権ロングボードクラス(メン、マスター、ウィメン)に複数の選手が出場します。

磨きがかかるハングオーバー(松下さん)
昨年、ウィメンロングボード(クイッカーモデル)で優勝した松下歩さん、今年はシード選手で出場しますが、今年のJPSAの大会でプロ資格を得て、来年からはプロ選手になります、最後のアマチュアの全日本選手権です、プレシャーもかかりますが連覇を期待している人は多いです、ムーブ(Move)を乗り出して、半年過ぎたので充分に慣れているでしょう、トライアルに使用したボードもムーブ(Move)です。




マニューバーに磨きをかけてください。
ムーブ(Move)により磨きがかかるノーズライディングとマニュー
バーも安定して出来る、今年5月、太東プロ(JPSA)て゛トライアルをクリアしました、高知県で初の女子ロングボードプロサーファーの誕生です。来年はプロ活動になります、自分の更なる技術向上を図り、ランキングで評価される場所です、実力的には活躍は充分出来ます、スケジュールを調整して、出来る限り参加してほしいです。又、プロとして後輩の指導も出来ればいいですね。



                                          


マニューバーが良くなってる(山田さん)
茅ヶ崎支部の山田智子さんはシニアウィメン、ロングウィメンの2クラスでダブル優勝です、ロングボードは今年からムーブ(Move)を使用しています、直近の辻堂の大会(マーボーロイヤル)で3位に入賞してます、又、他の大会でも好成績を残していますので、全日本のロングボードウィメンに初出場ながらどこまで進むか楽しみです。





スピード感あるカットバック(伊藤君)
 
ロングメンでは静岡3区の伊藤君は毎年る支部予選でも全日本
の出場権を得るには狭き門です、強敵が多い中で、見事優勝しました。全日本には初出場になります。伊藤君にはムーブ(Move)はを2月頃から使用して地方の大会でファイナリストに何回もなっていましす。ロングを始めて3年です、本人は3年もかかったと思っていますが3年で静岡3区の支部大会をクリアして全日本に出場するにはそれなりの努力と内容濃い練習の代価です。本選への期待も高まってます。




同じ波でリップからフロターに変わって
いぐ技です。
四国、ボブチームの中山智資君は昨年から公認大会や大き
な大会で優勝が続いてます、準優勝は一回と素晴らしい成
績を残しています。今では四国を代表するロングメンの雄で
す。当然、徳島支部大会では1位で通過です。地元なので大
きな期待かかかってます。プレシャーはありますが、生見海
岸の波を熟知しているので、優勝候補の一角でしょう。新しい
ムーブ(Move)もあるので波に合った方使ってください。コンテ
ストは予想通りにはいきません、油断せず果敢に攻めること
が大切だと思います。
右の中山君の写真は同じ波のリップからフロターに変化して
、スープの中でターンして下がる、デクニシャンの中山君がよくわかります。
最近のジャッジィンクを見てると起きている現象には評価はているが技の難度をわかるジャッジが減っているような気がします。










努力すれば結果は付いてきます。(鳥羽さん)
 
四国の哲人こど、鳥羽さんはロングマスタークラスを徳島
支部1位で通過して、昨年からノーズライディングを磨いて、更に一段進んだロングボードサーフィンが見られるでしょう、昨年はボードが折れてします残念でしたか、今年はリベンジしてください。ムーブ(Move)モデルやベーグルモデルの発案者で大変シェイプに役立つ貴重な意見が多く、大切な存在です。

右の写真は昨年11月の生見海岸での撮影です、本人は
マニューバーは良いがノーズライディングがすくないと自分の弱点を克服するためにノーズライディンクの練習をしないと負けてしまうからと翌年の全日本に向かって取り組んでしました。あれから9ヶ月を過ぎています、楽しみです。








リラックスしたスタイルです。(津田さん)
津田明君を知っている人は40代から上の人は知っている方が多いと思います。プロサーファーでサーフインジャナリストで良くサーフィン雑誌に寄稿していたのを覚えています、津田君とは一緒にサーフィンした中で、私はサーフボードビルダーに彼はフォントグファーに行き、数々のショットや海外に多くの有名な知り合いのいる人です、彼も最近、ムーブ(Move)を乗るようになりました。彼からのムーブ批評です。ボードにゴウプロからの撮影です、熟視するとレールの水の入り方、アウトラインの良さがわかります。

「まず、テイクオフが安定して、グラつきがなく出来ます、どんな波にも!今回はメインフィンを後ろに少しずらしすぎたので、ターンが少し違和感がありましたが、元の前の方に戻すと、問題なくスムーズなターンが出来ました!歩幅の狭い僕でもスムーズにターンが出来ます!横に走るのは、とても、早いです!コンケーブの吸い付きと離れ感も、良いです!メインフィンを今度はバナナでは、なく、ノーマルなフィンに変えてやって、報告します!ボリュームには、慣れました!楽です!笑!」ムーブで楽しいサーフィンはよいです。ライディンク2回目でムーブの性能を掴むのは流石です。


ボード詳細データはアウトラインはノーズ幅49cm、テール幅33cmエンドテール10cmのスモールスカッシュです。ボトム形状はノーズエリアは深めのシングルコンケーブ、センターエリアはダブルコンケーブでテールエリアはサイドフィンエリアまでダブルコンケーブから薄いVEEになっています。テールロッカーは強いです。


深いシングルコンケーブ
ムーブの特徴であるボトムのフルコンケーブシステムでノーズエリアは長く深いシングルコンケーブによってノーズが浮き上がり、かなりのスモールサイズになってもノーズライディング
は可能です。ノーズ60cmから補強のためにカーボンテープを曳いています。ボードのしなりに影響に及ぼさないようにしています。
センターエリアからテールに掛けてダブルコンケーブを入れています、これできついブレイクでも波の食いつきがよくマニューバーを描き易くなっています、テールは薄いVEEを入れてスムーズなターンになってます。



ムーブ(Move)は一見ノーズライディング用に見えますがノーズライディングとマニューバー性能はどちらも優れていますので、信じられませんけど支部大会で負けた人はいません、安定して好成績を残しています。新しいムーブ(Move)もPU(ノマルフォーム)でも磐田の浅井さんが乗って、評価は良いです、又、津田さんにはEPSでノーズを少し狭くして、テールを広くしたタイプもシェイプして上記のように好評です。中山君にはもっと性能を高めた、ノーズが更に広く、テールの狭いボードもシェイプしました。報告が届き次第、次回にブログに載せる予定です。
これからは一般のユーザ様にノーズをやや狭く、テールを少し広くしたスカッシュやラウンドテールをPU、EPSでどちらでも対応できるボードをシェイプします。