2019年4月2日火曜日

飯尾ミート2019リアルライン(3月30・31日)

 リラックスしたテン(佐藤君)
久しぶりの飯尾ミートでリアルラインの浅井さんの協力で磐田市豊浜海岸で3月30・31日の2日間で行いました。参加数は20名前後と少数でしたが内容の濃いサーフィンクリニックでした。波のサイズは腰から腹程度でしたが風の初日は南東、二日目は西の強風でした。豊浜海岸はロングボードが多く、参加者の大半はロングボーダーでした。ショートボードは常連の太田君と石黒君で2名で後はロングボードです。
飯尾ミートは飯尾シェイプ愛用者のライディングを見る事で自分のサーフィンの知識をサーフィンの正しい指導とコーチィングをしています、勿論、年齢、レベルなどは関係ありません。広くサーフィンを楽しむ人にレベルアップを計ってサーフインの楽しさにレベルアッ

飯尾ミートの全景です。
プして貰うのと飯尾シェイプのボードがそれぞれの人にマッチしているかの確認もあります。右の写真はコーチィングで参加者のライディングを撮影して、後日、乗り方やラインを本人に説明しています、理解する事で上達に役立ちます。






初日はロングボード、新デザインムーブモデルのチェックです、
PUでも充分に機能を発揮する
ムーブデザイン(浅井さん)
上級者の佐藤さん、伊藤さん、オナーの浅井さん、中級者の服部さん(2日目)とムーブの慣れ具合とデザインのチェツクです。佐藤さん、伊藤さんは軽量のEPSでワイドストリンガーと浅井さんはPUでのムーブ、服部さんには強度のあるEPSでそれぞれ違う材質のムーブデサインの対応力の確認です。
浅井さんのボードはPUでサーフィンを見ると充分に機能を発揮するムーブデザインであることは分かりました。





安定したライディング(森下さん)
又、VDCデザインの森口君も参加いただき、サーフィンを見ると
ノーズライディングの上手さと安定したライディングは安心して
見られます。








前膝が曲がり安定したライディング
杉山さん
シングルフィンでは杉山さんと竹下君(2日目)です。問合せがあった杉山さんを最初にチェックしました。最初は前膝が伸びてスピード不足を感じられました、又、前に移動して加速するのはよいですかターンは厳しいホジションです、曲がる時には後ろに下がりターンをすれば曲がります、前に移動した場合は加速する事です。ロングボードはターンするポジションから前に移動している加速する人が多いですが前膝を曲げるて体重をかける事でも加速はできます。



前膝が曲がりフォームが変わった
石黒君
石黒君は以前から体が硬いので特に膝の使い方などを指導していましたが今回は膝が柔らかくなって波のトップから下がる時にスピードアップと次の技に入ることがスムーズになります。









変化のある波に対応を
覚えてください(太田君)
太田君はレベルはアップしていますか自分の合う波は上手に乗りますが柔らかい波やオンシュアの波など、変化のある波に対応
できるようにターンを覚えればもっとサーフィンの幅が広がります。










前足の屈伸を注意してください。
(服部さん)
服部さんはムーブを乗れているのか不安と期待がありました、本人のボードの感触を聞き、サーフィンをチェツクしました、テイクオフ、ターンと加速と問題なく上手に乗っていました。一段、レベルを上げるには前膝の屈伸が大切です、後ろ足で蹴り込みこみながら前足に重心を移動して加速しリップなどの技を繰り出します、その前足の屈伸か少し足りません、出来ている時もあるので意識すれば大丈夫です。





スタンスの位置に注意してください。
(竹下君)
竹下さん、昨年の秋の飯尾ミートでチェツクしました、その時はテイクオフとターンの指導しました、今回で2回目でテイクオフはOK
ですがターンに課題があります、テイクオフから横に走り、加速するために前に少し移動して加速するとスピードが出ます、そのスタンスの位置では困難です、大事な事はターンをする場所は後ろ足はフィンエリア付近にさがってからターンをすることが重要です、加速していればそのスピードを生かすには後ろに下がりテールが沈みながら方向が曲がる事を理解してください、前の方でターンするとレール全体が傾き、レールが入り過ぎたり、テールの広い範囲に力がかかり、スピードが上回り、ワイブアウトしてしまいます。前方に移動したスタンスは横に走る場所でターンする場所はフィンエ
リア付近です。

ロングボードコンテストで選手はサーフィンの演技してジャッジが採点する競技です、マニューバーとノーズライディンクで採点されますがロングボードでは華麗に乗るのも重要な要素になります。
細切れのライディングや余裕のないライディングは芳しくありません。

綺麗なハングファイブ(伊藤君)
伊藤君のライディングをチェックするとマニューバーやノーズライディングなどは問題がありませんが技と技を繋ぎに余裕がなく見え時があります。この余裕は次の技の移行をスムーズにすることになります。伊藤君は為を作ることが大切で次の技の移動をスムーズにするものです。ローラコスターやカットバックなど、目を見張るものがありますか技の繋ぎかスムーズならばもっと良いでしょう。例えばボトムターンからのノーズライディングやマニューバーにするにも「ターンの為」、「深いターン」とかは一定の時間を作り(レールの節水面積を増やす為)はリラックスすることにもなり、余裕に見えるときもあります。

フロントサイドのテン(佐藤君)
佐藤君ですがぎっくり腰になって、治ってばかりで練習不足は初日は見られましたが、2日目は体も徐々に回復しているのか特徴ある低い姿勢からボトムターンも見られ順調に回復しています。ノーズライディングに関しては、ムーブモデルの良い所を引き出しています。ノーズライディングではスタンスが狭く、余裕のあるライディングでハングファイブからテンへの移行もスムーズを見えます。レベル的には一段階進んだようです。



サーフィンを上達するには自分の欠点を探して、改善する方法を見つけてる事が上達の一歩です、飯尾ミートではそれぞれのレベルに合わせて改善方法を提示して、試してもらうことです。信念として同じ人間なら必ずできると思い工夫することでしょう。コーチは大切です、自分のサーフィンの欠点を説明して、理解してもらい、選手みずから試して工夫することが自分の技術になります。偶然にできる技は再現は不可能です、即ち、理論的に説明できない事だからです。
自分で工夫した技は理論的に説明できるようになります。
お詫びですが、参加者全員を照会できませんでした、次回に対応します。

2019年3月28日木曜日

順調なスタート中山君(ムーブモデル)

リッピィングからのタッチダウン(中山君)
ロングボードメンクラスで現在、ランキングトップ
にいます、昨年の10月頃から強度を加味した新
しいムーブモデルをシェイプしました、ボード性能を確認する為に初冬の生見海岸でシークエンス写真を撮りました。再度、ムーブモデルの利点、欠点を探すために見直していました。
ムーブモデルのマニューバー性能の高さがわかる写真を見つけました。このショットはシェイパーから見れば、テールロッカーの強さとアウトラインのナローテールによる影響が多いでしょう。


                                      

クッドポジションのボトムターン
昨年、生見海岸でムーブモデルの性能チェック時のシークエンスです、ムーブモデルのマニューバー性能の高さがわかるシーンです、勿論、中山君のレベルの高さありますが、ムーブの性能の高さがわかれます、リップに向かうスピードと角度、安定したダッチダウンに動作にムーブモデルのマニューバー性能の良さがわかります。右の写真はテイクオフからドロップでナローフールなので少しテールを踏み込めばノーズか浮いてくるので際どいセッションで容易にターンが出来ます。



申し分ない角度のターン
強く踏み込むとテールロッカーが強いのでボトムターンからリップに向かって、角度が付き、その加速感はムーブならのものではないでしょう。








リップに向かう中山君
ムーブモデルはテールロッカーが特に強くしていますのでボトムの節水面積を増やす事でターンをすると角度とスピードが付き、マニューバ性能が高いのがわかります、又、心配していたノーズ幅が広いので刺さり易くのではないか、ノーズが浮き上がり失速しないのかはありませんでした。

 




リッピイングの手前です。
リツプに向かってノーズ登って行くのはボトムのスピードがあるからです。このセッションは浅くブレイクがきつめのところでアクションです、中山君の技量の高さがわかります。










際どいセッションでのリッピイング
波のブレイクがノーズに当たり、コンケーブの効用で浮くのもありますがノーズの厚さか薄くなることで軽く動く効用もあります。このショットの次のタッチダウンに向かいのに安定しているかも問題です。








リッピイングからの見事な
リカバリー
このショットがトップ写真です。リップの後のフロター気味で降りるのはパーリングを防ぎ、波の力に負けないパワー
が必要です。又、ムーブモデルの強いテールロッカーと狭いテールでテールが沈みやすくなっています。          






 

足、腰の強さがわかる、中山君
この一連のシークエンスです。ムーブモデルのマニューバー
性能の高さと中山君の優れた技量がわかります。


 
277cm56cm6.8cm
ムーブモデルはノーズライディングとマニューバー性能については質問で良く聞きました。当初、私はノーズライディンク60%でマニューバーは40%用と説明していました。中山君本人からは「マニューバーが良く、ノーズライディンク60%でマニューバーは60%です。」言われました。このシークエンス写真で良くわかります。
ムーブはワイドノーズとナローテールそしてボトム形状がフルコンケーブシステムと従来のロングボードとは違う新しいモデルです、右の写真で一目瞭然のはアウトラインとテールロッカーの違いです。それにボトム形状がフルコンケーブシステムです、特にノーズコンケーブの長さと深さです。











深いノーズコンケーブと長さ
EPSを勧めますが軽量になりますのでストリンガーの丈夫なものやカボーンテープの使用を勧めます。又、PU・EPSともに対応できます。










 

2019年3月14日木曜日

新しいラインの挑戦(松下歩さん)




ニューボードムーブと松下歩さん
1月後半に松下さんにニューモデルムーブを送りました、ボ
ードの感触や問題などの報告は1ヶ月位経たから連絡を下さいと伝えてましたか松下さんからの報告と画像が届きました。

画像をチェックすると心配事は半分以上解消され、残りはノーズの広さが横に走るときに抵抗になって遅く見える場合があるので両足の踏み込みなどの伝えました。







完璧なハングオーバー
ムーブモデルの特徴はノーズが広く、テールが狭いので一見、ノーズライディング専用のボードと間違える形ですが実際はノーズライディンクと同様にマニューバー性能が高く、
際どいポジションで踏み込みを強くすればボトムターンからにリップの速さやカットバックの速さは驚くほどの動きがあります。






バックハンドフロター

昨年11月のウミヒコプレイグランドの飯尾ミートで松下さん
に新しいボードの件で話しました。松下さんはノーズライダーでマニューバーの向上で練習していました、マューバー性能の高いムーブモデルの説明をして乗り方、注意点などを指摘しました、それからEPSなのでゲッティングアウトなど指摘しました。






277cm×56cm×6.6cm
EPS ワイドストリンガー
ムーブモデルが松下さんにマッチするかは、長い期間、松下さんのライディングをチェックしていたので不安はありませんでした、ムーブをシェイプしてマニューバーをアップさせて、ノーズライディングかしやすいボードです、ムーブモデル慣れてくれば新しい松下さんが見られるでしょう。注意してほしい点はノーズライディングがやり易いのでマニューバーが疎かにならないようにバランスを考えて練習してください。


ボード詳細データはアウトラインはノーズ幅49cm、テール幅33cmエンドテール10cmノスモールスカッシュです。ボトム形状はノーズエリアは深めのシングルコンケーブ、センターエリアはダブルコンケーブでテールエリアはサイドフィンエリアまでダブルコンケーブから薄いVEEになっています。テールロッカーは強いです。






深いシングルコンケーブ
ムーブの特徴である深いシングルコンケーブによってノーズが浮き上がり、かなりのスモールサイズになってもノーズライディング
は可能です。ノーズ60cmから補強のためにカーボンテープを曳いています。ボードのしなりに影響に及ぼさないようにしています。




昨年の全日本選手権でロングボードウィメンクラスで優勝した松下さん、マスコミにもフュチャーされて、地元がサーフィンへの理解が深まるのは喜ばしい事です。10年近く、松下さんのサーフィンの師匠岩田プロと一緒にサポートしています、今年は連覇に向かって、新しいボードムーブで新しいマニューバーとノーズライディングで攻撃的なサーフィンを見せてください。









 

2019年2月26日火曜日

大那からの報告

深い綺麗なボトムターン(大那)
今年3月で卒業する増田大那君(15歳)のバリからの写真が届きました。右の写真は成長の跡がわかるショットで以前はここまで深くボードを寝かせたターンは厳しかったです。このショットでカーピィングのスピードやどこにリップしているのかがわかります。バリのポイントはバリアンとKFCです。







難度の高いリッピィング
もう一つ成長の跡がわかる写真です。このショットのブレインする波の力を使って走っています、これをマスターすればビーチブレインのロールインやリップからのレイバックなとの難度の高い技が出来てきます。







綺麗なボトムターン

ここからは大那のシークエンス写真です。綺麗なボトムターンで
深さやフォームは大変良いでしょう。









前足に重心の移動見事です
ボトムターンから前足に重心の移動のショットです。
この後ろ足と前足の重心移動が大切です、この時にはサイドフィンが抜ける手前でギリギリのターンになっていきます、抜ければスピンアウトでワイプアウトです。               







少し姿勢が高いです。
波のブレインを見るとショルダーが止まっているのでカービィング
になっていきます。この姿勢でも良いですが回り込みのスピードを考えると姿勢を低くして蹴り込とスピードのあるカットバックになります。







回り込みの姿勢か高い
このカットバックは綺麗ですがライン的にはラウントハウスカット
バックが出来るポジションです。前回のショットで姿勢が高いの
で難しいでしょう。








回り込む練習してください。
最後のショットですが姿勢を低く蹴り込み、回り込むのは可能で
す、ラウンドハウスカットバックは出来ます。攻撃的なラインを目指してください。辛口の批評ですが地元の岩田プロにも相談してください。
リーフブレイクのなのでいろんなな技がトライできます、ビーチブレイクではなかなか思うように技が出せれないかもしれないがスピードとラインを追及すればやがてできます。 




170cm45.5cm5.6cm


小学生から指導して4年以上たちます。新しいボードは1月作ったボードは170cm45.5cm5.6cmポケットのスカッシュです。昨年の11月にライディングをチェックしましたがボード(165cm44cm5.4cm)が小さく、沈んで見えるので、体重と身長を聞くと1年前より体重で9kg増えて、身長で11cmも伸びていました。成長期のスピードに驚いたのと1年前ボードは使えないと伝えました。浮力か足らないので不要なワイプアウトが時々ありました。大岐の浜でコーチィンクしている岩田プロも同じ意見でした。新しいボードはテールにやや浮力を付けてキッズボードから少し大きめのジュニアボードに変えてシェイプしました、これは以前のボードに浮力を付けてテールを広げた同じデザインの延長です。大きなデザインの変更は選手には慣れる時間を少なくしているからです。



 





















2019年1月30日水曜日

2019年のシェイブ傾向

2019年のシェイブ傾向
ポケット、ベーグルエアー、スムサー
クイッカー、ムーブ
最近ではサーファーの年齢層の広がりによって各種のサーフボードをビーチで見ます。又、素材(主にPU・EPS)も同様です。
そしてサーフボードデザインもショートボード、レトロボード、ノーズライダー、ロングボードまで多くの種類が氾濫してユーザーも自分はどんなタイプが合っているのか判断するのは大変な作業です。
飯尾シェイプで右の写真はベーシックデザインでポケット、ベーグルエアー、スムサー、クイッカー、ムーブです。、フォームもPU、EPS、ストリンガーも太さの違いなどもあります。オーダーを着た場合に私はもオーダー用紙を確認して、わからない点や明らかに間違いの場合にはサーフショップや本人に連絡する時もあります。


諸伏君と私
最近ではSNS(ライン、メール)などで動画や写真などを確認して、よりユーザーに合うボードになデータを沢山取ることは大切な作業です。シェイプに参考になるのはすべてです、サーファーのライデインクを見る事は大切です、ライダーのボード批評や直接意見も聞くこともあります。各地域には年1回が2回くらいは出かけて自分の目でライデイングをチェックしたり、時には意見聞きいて時もあります。自分のシェイプしたボードのライディンクを見る事で必要なシェイプチェツクやボードデザインの修正点、新デザインの開発に役立ちます。当然、アドバイザーとして皆さんにはサーフィンのコーチして上手になるのをアドバイスしています、そして、真剣に取り組む姿と笑い顔を見るのは楽しいです。





ムーブデザインの提案者鳥羽さん
2018年にはベーグルX、ムーブデザイン(ロングボード)をリリースしました、特にムーブデザインはライダーの鳥羽さんからの提案でシェイプしてボードで自分の感覚になく、不安をもって作りました。昨年11月に確認しましたが自分の常識がずれているをわかり、ライダーやユーザーの皆さんの協力の大切を痛感しました。又、リバイバルとしてツインやディープ6チャンネルやクラシックスタイル(ロングボード)、カーブチャンネルなど沢山のデザインを試しています、その中から画期的なデザインが生まれるかもしれません。





テスト中デザイン
今、テスト中デザインはショートボートではポケットデザインとベーグルエアーに
ウィングを取り入れてスピードと回転性をミックスしたデザインや幅広いノーズエリアのポケットデサインとベーグルエアーデザインをセンターからテールエリアデサインを合わせたボードををテストしています。これらはデザインはテイクオフが速く、マニューバー性能を高めてデザインを目的にしています。










ツインフィンに乗る岩田プロ
多様化しているシェイプデザインには古いデザインのツインフィン

や幅の広いフィッシュやロングボードのクラシックタイプやムーブデザインのように古い様でまったく新しいデサインもあります。ユーザーは多様化するデザインの中から自分に合うボードは年齢、練習量、体形に合わせたデザインを選択してください、オーダーする前にし゛分の実力より短いとか薄いボードはテイクオフが遅れます、より多くテイクオフする事か上達する早道です、サーフィンを楽しいのが基本です、テイクオフの厳しい苦行のサーフボードは目的を持った競技志向の選手は新しいラインの開発などには有効ですが多くのサーファーには不向きです。



撮影中の飯尾
飯尾シェイプの基本姿勢はユーザーに合うデザインをポケットシリ
ーズ、ベーグルシリーズ、スムサーシリーズ、ロングボードデザインなどのぺーシシックデザインからユーザーの要望と乗り方や年齢、練習量などで素材と数値を割り出し、細かい所はアレンジしています、長い経験は大切ですがムーブモデルのように自分の意識の中では想定外の性能を発揮しているデザインを見ると経験より新しい情報を察知して貪欲にデサインを追及することです、又、沢山のユーザーは自分にはシェイプのアトバイザーでありパトナーです、昨年からは自分でライディングの
シークエンス写真を撮って、チェックしてサーフィンのアドバイスと次回のシェイプに役立っています。