2018年8月5日日曜日

模範的なパドリングとテイクオフ(レディースサーファー)

182cm51cm6.5cm
ウミヒコの岩田さんからレディースサファーのCさんにシェイプした182cmのベーグルが要望どおりに機能しているか心配になり、連絡していました、画像とコメントが来ました。要望はベーグルデザインである程度のドルフィンスルーが出来てテイクアフの早いボードでした。当然ベーグルなので安定性は保証できますがドルフィンスルーとテイクオフの速いボードには異なる部分があり、対処方法を考えてシェイプしました。対処方法はノーズを薄くシェイプすることでドルフィンスルーは可能ですがパトリングが遅くなったり、パーリングなど問題な箇所がありました。まずある程度のノーズロッカーを付けてノーズエリアを薄くしました、これは一般的にはノーズを少し厚くしてロッカーを抑えるのが普通ですがノーズが沈みやすくする事だ滑り出しの速さになりますのでやや薄くシェイプして、パーリングを防ぐ為にややノーズロッカーをアップしました。又、レディースサーファーなので足のサイズも小さく、脚力を考えてテール幅は狭めにしています。


ノーズエリアのレールを薄く、
ぎりぎりの浮力

要望でドルフルィンスルーが出来るようにするにはノーズを薄くし
なければなりません、テイクオフを早くするのノーズロッカーをややアップして、ノーズを薄くするのでパドリングの初速は早くなりますが体重を前にするギリギリの浮力を保ってシェイプしました。







力強いパドリングと体重のかけ方
が素晴らしい
これまで乗っていた220cmのファンボードから181cmのベーグルエアーのオーダーで40cmも短くなって、テイクオフが心配でしたが、ウミヒコのブログから岩田プロが事前にスクールで練習していたがわかりました。ウミヒコのブログからの引用で[大幅に短くなっても心配ないようにレッスンでのボードテストしてもらい、これまでの練習でこのボードに乗れるレベルを作り上げて来たCちゃん。」






前膝の屈伸と体重のかけ方
素晴らしい写真です。
最初の写真見て同様なレッスンとCさんの陸のトレイニングに興味を持ちました、次の写真でテイクオフの前膝の屈伸と体重のかけ方は満点に近いです。スピード感を感じる写真です。30代後半のレディースサファーが簡単に見本のようなテイクオフをしています。正しい指導とボードの選択が重要性を再確認しました。ウミヒコブログでは「これまで定期的なレッスンで、ボードの長さに頼らなくても良いテイクオフテクニックを繰り返し練習して来ました。」





次はターンの練習でしょう。
「それをしっかり体に染み込ませ、形にしていったCちゃん。辛くて
頑張って手に入れたというよりも、楽しくて面白くてやってたら、できてしまった、と言った方があっているのかもしれませんね」テイクオフ3枚目の写真見て、Cさんの楽しさか゛伝わってきます。次はターンの練習でしょう。






レールはやや薄く
ベーグルボードの詳細データは長さ181cm×幅51cm×厚さ6.5cmの
ベーグルデザインてす。ノーズ幅40cm、厚さ4.2cm、テール幅37.5
cm、厚さ4.1cmでエンドテールは16cmのフィッシュテールです。ノー
ズロッカー11.5cm、テールロッカー4.2cmでボトム形状はシングル
ダブルコンケーブを深めでテールエリアはVEEです。レディースサ
ファーにはレールはやや薄くシェイプしています。